阪神とロッテでコロナ感染者続出|今こそ問われるプロ野球チームの資質

阪神とロッテでコロナ感染者続出|今こそ問われるプロ野球チームの資質

まだまだ新型コロナウイルスが猛威を振るっていますが、プロ野球はシーズン終盤に入ってきました。

そんな中、阪神とロッテで感染者が続出し、2球団は選手を大幅に入れ替えなければならない事態となったのです。

もちろん、「可哀想」な面があることも事実です。しかし、その後の球団の姿勢には、疑問を抱かざるをえません。

嘘をついていないか?

阪神では、キャプテンの糸原選手と最年長の福留選手が、会食に参加したと報じられました。
チームを引っ張る存在の二人がルールを破って会食に参加したことは、率直に残念です。

しかし、それよりも残念なのは「嘘をついていないのか?」と感じることです。

選手だけではなく矢野監督も会食をした事実が報じられ、大きな批判を浴びています。

しかし、球団の説明では「ルールの範囲内」という言葉で済まされました。

どのようなルール分けをされたのか定かではありませんが、なぜ監督の場合は不問なのか?

特にチームの一番上にいる立場の監督がこのようなことをしたのですから、不信感が募るのも無理はありません。

岩下選手は会食に行っていた

さらに、ロッテにも同様のことが言えます。

ロッテの場合は岩下選手から感染が広がったとされていましたが、球団は「ルール違反をした人はいない」と断言しました。

ところが、本日になって「会食に行っていた」ことを発表し、謝罪したのです。週刊誌の記事が発端となり発覚したものの、もし週刊誌が報じていなかったら、この件はうやむやのまま終わっていたかもしれません。

阪神もロッテもどちらにも言えることですが、あまりに対応が杜撰だなと思うのです。特にロッテは隠ぺいしようとしたので、なおさら印象が悪くなります。

少しコロナは落ち着いたとは言え、完全収束したとは言い切れない状態です。にもかかわらず、大人数での会食を実施したことはもちろん、そのあとに嘘をついたことはよくない対応でしょう。

結果的に両チームは、メンバーを入れ替えてから大苦戦。阪神は2位から転落し、ロッテも一時の勢いがなくなってしまいました。

私はどちらのファンでもないので影響はありませんが、いずれにしてもファンの期待を裏切るような行為は避けてほしかったですね。

終わりに

今回は、阪神とロッテで発生したコロナ感染者に関する内容を記載しました。

ファンあってのプロ野球、もっとファンのことを考えた行動をしてもらいたいと切に願います。

そして、コロナはまだまだ落ち着いていません。野球場に行く方は、必ず対策をして球場に足を運びましょう。