楽天が優勝するために必要なこと

楽天が優勝するために必要なこと

今シーズンの開始前、千葉ロッテと東北楽天ゴールデンイーグルスで選手間の移動が活発に行われました。

メジャーリーグでは一般的な流れであるものの、日本ではなかなか見慣れない光景に戸惑いを覚えた方もたくさんいます。

補強を否定するつもりはありませんし、チームが強くなるうえで補強は必須です。

しかし、楽天が強くなるには補強だけでは不十分だということを、今シーズンは思い知らされました。

補強組は大活躍、それでも…

今シーズン加入した涌井選手・酒居選手・牧田選手・ロメロ選手は、それぞれが素晴らしい活躍をしています。

かつて西武ライオンズに所属した浅村選手は、昨年よりも良い成績を残すなど、まさに補強は完璧なのです。

しかし、それでも今シーズンは現状3位です。そして、優勝は極めて難しく、2位も難しい状態になっています(まだ可能性はありますが)。

これだけ補強をして、補強が成功しているにもかかわらず、なぜ楽天は3位止まりなのか?

その理由は、あまりにも生え抜き選手が育っていないことです。

まだ球団の歴史も短いとはいえ、楽天は生え抜きで20本塁打を記録した選手がいません。長打力は外国人選手に頼りっぱなしで、なかなか育成に成功しない状態が続きました。

生え抜きの活躍なくして優勝は難しい

かつて、読売ジャイアンツが補強に頼りっぱなしの時代がありました。とにかく他球団の4番選手を獲得し、重量打線を形成したのです。

しかし、守備力のまずさや投手力の弱さ、そしてつながりに欠いた打線は機能することがなく、Bクラスに位置したことも長くありました。

しかし、あるときから補強+育成にシフトチェンジしました。ラミレス選手・小笠原選手などの大物を補強しながらも、坂本選手や山口鉄也選手を育て上げ、まさに「強いチーム」を作り上げたのです。

今の楽天は、補強+育成が全く両立していません。補強だけに頼っており、若手を育成することができていないのです。

もちろん、選手の能力がまだ1軍クラスにまで達していないこともあるでしょう。コーチの教え方がうまく浸透していない可能性もあります。

しかし、生え抜き選手が育たなければ「安定して強いチーム」は作り出せません。

楽天から生え抜きのスター野手が現れることを切に願っています。

おわりに

今回は、楽天が強くなるために必要なこととして、生え抜き選手の登場が必要なことを記載しました。

なんとか早く、20本塁打を達成する生え抜き野手が現れてほしいです。そうすれば、楽天はレベルアップしたチームになること間違いありません。