12球団2020シーズン振り返り 横浜DeNAベイスターズ編

12球団2020シーズン振り返り 横浜DeNAベイスターズ編

まもなく野球が終わってしまうことを考えると、寂しさを感じる方も多いのではないでしょうか?

短期日程となった2020年のプロ野球も、いよいよ終盤です。

前回から今シーズンを振り返るシリーズをお届けしています。今回は、横浜DeNAベイスターズ編です。

ラミレス監督の去就がどうなるのか、気になるファンの方も多いでしょう。そんな状態にある横浜DeNAベイスターズの今シーズンを振り返ってみましょう。

佐野選手の覚醒

今シーズンの横浜DeNAベイスターズを語る上で欠かせない選手が、佐野恵太選手です。

筒香選手がメジャーリーグに挑戦したことにより、4番は誰が担うのか注目されていました。

ラミレス監督はオープン戦の段階から佐野選手を4番に据え、成長を促しました。この起用に疑問を持つ方も多くいましたが、結果として佐野選手は大活躍!

首位打者、最多安打のタイトルを獲得する可能性もあり、まさに飛躍のシーズンになったと言えるでしょう。

つながりには欠けている?

ソト選手や梶谷選手など、一発を打てるバッターが多いチームである一方、つながりには欠ける部分が多いように思います。

ホームラン数はたくさんあるものの、細かい野球が徹底できていないように映りますね。

ラミレス監督はバントが少ないことも指摘されており、ランナーが溜まってもダブルプレーになってしまうなど、ちぐはぐさも否めません。

足を使える選手が少ないこともあり、盗塁数も非常に少なくなっています。この部分は来年に向けての改善が必要ですね。

エースの怪我が痛かった

投手陣では、何より今永選手・平良選手の怪我が痛かったですね。2大エースとして期待されていましたが、2選手とも怪我でいなくなってしまった投手陣は、苦しいやりくりを強いられました。

また、山崎康晃選手も開幕から絶不調。何があったのかと思うぐらいの状態であり、シーズン中に状態が復活することもありませんでした。

一方、ルーキーの伊勢選手は大活躍!先日はプロ初勝利をマークするなど、貴重な戦力として活躍しています。

また、三嶋選手も抑えに移ってから大活躍しています。抑えのポジションが合っているのでしょうか?

この2選手には来年の活躍も期待したいですね!

終わりに

今回は、横浜DeNAベイスターズの2020年シーズンを振り返ってみました。

優勝が期待されたシーズンではありましたが、結果的に優勝することはできませんでした。

しかし、徐々にチームは強くなっているので、来年以降の優勝を期待しましょう!