足りなさすぎるファンの意識 ルールすら守れないのか?

足りなさすぎるファンの意識 ルールすら守れないのか?

先日、久しぶりにある野球場に足を運びました。

コロナの影響もあり満員とはなりませんでしたが、それでも球場には多くの方が足を運んでおり、盛り上がっていました。

しかし、ファンの姿勢は残念に映ることが多く、このままでは野球場からコロナ感染者が出ることもあり得ると思います。

なぜここまで、ファンの意識が足りないのでしょうか?また、それは本当にファンだけが原因なのでしょうか?

マナーを守れないファンだらけ

現在は応援に関するさまざまな制限が設けられており、結果としてまだ野球場からコロナ感染者が出たニュースはありません。

もちろん、球場によってはしっかりとマナーを守っているところもあります。それは事実です。

しかし、私が先日訪れた野球場のファンは、マナー違反の連続でした。

立ち上がっての応援を普通にする、大声を出す、タオルを振り回す…

以上のような項目は、現在禁止されています。しかし、そこでは以上のような項目を普通に破り、楽しそうに応援している姿が見られました。

警備員の存在価値は?

まず大前提として、ルールを守れないファンは論外だと思います。

一方で、私は警備員の方の存在価値が全く理解できないのです。

もちろん、球場内の秩序を守る役割を果たしてくださっているとは思うのですが、基本的に声を出す人がいても何も言いません。

見てみぬふりをして、まさに事なかれ主義のように振る舞っているのは、強い違和感を覚えます。

思えば、5000人の収容が可能になってからしばらくは、フォンのモラルが問題となりましたね。

清宮選手に対して野次を飛ばしたり、内海選手がファンの声に気を取られてしまうなど、さまざまな問題が発生しました。

警備員の方はそのような場面で役割を果たすべきだと思いますが、とてもそのように動いているとは思えません。

ファンのマナーが論外なのはもちろん、他の方々もどうにか対策をしてほしいです。

何か起こってからでは遅い

このような状態を放置すると、野球場からコロナの感染者が出ることは必死でしょう。

せっかくお客さんが入れるようになったのに、ファンのせいでまた無観客になってしまったら、そんな皮肉なことはありません。

ファンの意識改善が必要だと改めて思いました。

終わりに

今回は、球場内での観客のマナーに関して記載しました。

先程もお伝えしたように、すべての球場においてマナーが守られていないわけではありません。だからこそ、すべての球団のファンが意識を強く持ち、よりより球場の雰囲気を作ってほしいと思います。