内川選手が退団濃厚!移籍先はどこになる?

内川選手が退団濃厚!移籍先はどこになる?

先日優勝を果たした福岡ソフトバンクホークスですが、なんと驚きのニュースが入ってきました。

横浜からFAで加入し、幾度となく優勝に貢献した内川選手が退団するとの発表です。

今シーズンの内川選手は1軍での出場機会がなく、確かに成績も残せていない状態でした。

とはいえ、これまでに何度もチームを救った功労者。あまりの展開に驚いた方も少なくないでしょう。

今回は、内川選手の退団に関して記載します。

2011年からソフトバンクで活躍

内川選手は2001年に横浜ベイスターズに入団しました。

しばらくは好成績の残すことができなかったものの、2008年に一気にブレイク。打率.378という驚異的な数字を残し、一気にスター選手へと登りつめたのです。

2009年のWBCにおいても、内川選手が主力として大活躍。大会を通した打率は.333という素晴らしい記録を残し日本の連覇に貢献しました。

その後は安定して打率3割を残すものの、当時の横浜はまさに暗黒時代。常に最下位となり、内川選手も満足できなかったのかもしれません。

FA権を取得し、内川選手は福岡ソフトバンクホークスへ移籍しました。

移籍1年目の2011年といえば、統一球で多くの選手が苦労した年です。軒並み打率を落とす選手がいる中で、内川選手は打率338を記録。

パリーグでも首位打者を記録するなど、圧倒的な活躍を見せました。

ここ数年は怪我が多かった

しかし、ここ数年は怪我に悩まされる機会が増え、満足のいく結果が出ませんでした。

おそらく今シーズンは1軍での出場機会もないことが予想されるため、本人から退団を申し入れたようですね。

気になる移籍先ですが、現在はまだ明らかにされていません。

しかし、内川選手は2軍で打率.340を記録するなど、まだまだ実力は健在とも言えます。

例えば、楽天が獲得に乗り出す可能性はあるでしょう。今シーズンは一塁手が固められず、苦しいシーズンを送りました。

また、古巣の横浜が獲得するのでは?という報道もありますね。

レギュラーとして試合に出ることは難しいかもしれませんが、代打であれば間違いなく必要な戦力と言えるでしょう。

おそらくシーズンが終わってからでないと続報はわからないので、今は待つしかありませんね。

終わりに

今回は、内川選手の退団に関する記事を記載しました。

層の厚いソフトバンクなので、おそらく内川選手も出場機会がないと感じたのでしょう。

他のチームであればまだまだ活躍できるはずですので、期待したいですね!