12球団2020シーズン振り返り 福岡ソフトバンクホークス編

12球団2020シーズン振り返り 福岡ソフトバンクホークス編

いよいよ2020シーズン終盤戦!パ・リーグはまだ優勝の行方が定かではありませんので、熱い戦いが今後も続きそうですね。

前回から今シーズンを振り返るシリーズをお送りしています。

今回は、福岡ソフトバンクホークス編です。

4年連続日本一を成し遂げるも、リーグ優勝からは遠ざかっている福岡ソフトバンクホークス。覇権奪回を目指す今シーズンはどのようなシーズンとなったのか、振り返ってみましょう。

出だしは不調

圧倒的な戦力を誇る福岡ソフトバンクホークスですが、前半戦は非常に苦しい戦いが続きました。

これまで長年活躍した松田選手が不調となり、現在も調子は上がっていません。開幕が遅れたことによる調整の難しさや、年齢的なものもあるのでしょうか。

また、ヤクルトスワローズから加入したバレンティン選手も不調。2軍ぐらしになることも多く、プラスに働いたとは言えませんでした。

しかし、さすがの柳田選手や新星の栗原選手などをはじめ、持ち前の戦力を活かしながら勝ち星を重ねています。

また、決して一人ひとりの成績が良いわけではありません。それでも、ここぞというときに打線が繋がるので、効率の良い点の取り方ができるのです。

ロッテとの優勝争いはまだ続いていますので、決着の行方が見逃せませんね。

投手陣は?

今シーズンの投手陣は、決して万全ではなかったように映ります。

エースの千賀選手は思ったような投球ができておらず、苦しんでいる印象です。

また、昨年活躍した高橋礼選手は中継ぎに転向となりましたが、昨年ほどの成績は残せていないですね。

しかし、ソフトバンクはこのようなときに新しい選手が出てくるから、安定した強さを誇っています。

突如現れた杉山選手、先日怪我をしてしまった板東選手など、新しい風がどんどん吹いています。

一方で、ベテランの和田選手は今シーズン復活した印象がありますね。

そして、モイネロ選手と森選手の安定感は抜群です。驚異的な奪三振率を誇るモイネロ選手は、毎年多くの試合数を投げても怪我をしません。

森選手も毎年のように投げまくっていますが、怪我をしないあたりは頑丈ですね。

終わりに

今回は、福岡ソフトバンクホークスの2020年シーズンを振り返ってみました。

何回も日本一に輝きながら、優勝を果たせていないソフトバンクホークス。しかし、ロッテは選手が大幅入れ替えしたことにより、戦力が落ちている状態です。

このチャンスを活かし、ソフトバンクホークスは優勝できるのかどうか、楽しみな終盤戦です。

(10/30追記)

福岡ソフトバンクホークスは優勝を決めました!おめでとうございます!