12球団2020シーズン振り返り 千葉ロッテマリーンズ編

12球団2020シーズン振り返り 千葉ロッテマリーンズ編

プロ野球、2020年のレギュラーシーズンがまもなく終了します。もちろん毎試合負けることは許されていませんが、特にこの時期は1つの負けが順位を左右していまいます。

最後までどの球団も力を出し切って、シーズンを終了させていただきたいですね。

前回から今シーズンを振り返るシリーズをお送りしています。今回は、千葉ロッテマリーンズ編です。

優勝のチャンスがかかった今シーズンを振り返ってみましょう。

突出した選手はいない

今シーズンの千葉ロッテマリーンズは、成績が突出した選手はいません。マーティン選手は20本塁打以上を放っていますが、打率は低い状態です。

井上選手や中村選手などがチームを引っ張っていますが、打率は3割を下回っている状態であり、これまた突出してはいません。

それでも、今シーズンのロッテは優勝に手が届く範囲にいます。その原動力は何でしょうか?

安定した中継ぎ陣

今シーズンのロッテは、とにかく中継ぎ陣が安定しています。

特に、唐川選手が中継ぎで大活躍していることは、ロッテにとって大きな戦力となっているでしょう。

先発として期待されながらも、なかなか活躍できないシーズンが続いた唐川選手。

それでも、中継ぎに転向して2シーズン目の今シーズンは、素晴らしい活躍をしています。

また、巨人から澤村選手が加入したことも非常に話題を集めました。主に中継ぎとして登板していますが、155km/hを超えるストレートを武器にして、打者をねじふせていますね。

そして、抑えの益田選手も大活躍。7回以降の3人が安定していることにより、今シーズンの成績につながっているのでしょう。

まさかの事態

しかし、そんなチームをコロナが襲いました。

岩下選手がコロナ陽性反応を示した後、数名の選手が陽性、ならびに濃厚接触者として認定されました。

結果として、1軍と2軍の選手を大幅に入れ替えなければならない状態となり、2軍は選手が足りずに試合ができない状態になっています。

優勝を狙えるシーズンであったにも拘らず、この段階で主力選手が大量に離脱させられたことは、大きな痛手となりました。

現在は選手も帰って来ましたが、一時の勢いがなくなってしまったように思えます。

ここから巻き返すことはできるのでしょうか?

終わりに

今回は、2020年の千葉ロッテマリーンズを振り返ってみました。

なんとかソフトバンクホークスに接近していたものの、少し離されてしまいましたね。

なんとか意地を見せて、粘り強い戦いをしてもらいたいです。