12球団2020シーズン振り返り 埼玉西武ライオンズ編

12球団2020シーズン振り返り 埼玉西武ライオンズ編

長いようで短かった2020年のレギュラーシーズンは、いよいよあと2週間ほどとなりました。

パ・リーグはクライマックスシリーズが行われますが、セ・リーグは行われないので、セリーグチームは少し日本シリーズまで待たされてしまいます。

そんな異例のシーズンを振り返るシリーズを前回からお届けしています。今回は、埼玉西武ライオンズ編です。

2018・2019年と2連覇を果たした西武ライオンズでしたが、今シーズンの優勝はすでになくなってしまいました。

なぜ苦しい戦いとなってしまったのか、振り返ってみましょう。

自慢の打撃陣が揃って不調

西武ライオンズといえば、「山賊打線」と呼ばれる強力打線を武器にして、この2年間は優勝しました。

しかし、今シーズンの西武ライオンズはこの2年間と全く違うチームとなってしまいました。

2年連続本塁打王の山川選手は、本塁打こそ出るものの打率は低空飛行。シーズン中に4番を外されることが増え、スタメン落ちすることも増えてきました。

また、昨年首位打者を獲得した森友哉選手も、今シーズンはイマイチ打率が上がってきません。やはり、昨年1年間出ずっぱりで試合に出場した影響もあるのでしょうか。

そして、外崎選手も今シーズンはイマイチですね。20本塁打は打てる選手ではありますが、今シーズンはまだ5本しか売っていないのです。

クリーンナップを張った3人が不調のため、迫力に欠けた打線となってしまいました。

驚異の中継ぎ陣

先発陣は相変わらず安定性に欠けてしまいますが、今シーズンの西武ライオンズはとにかく中継ぎ陣が強いチームでした。

特に平良選手の活躍は凄まじいものがありましたね。シーズン中には160km/hを記録するなど、目を見張るような活躍でした。

また、ギャレット選手も160km/hを記録するなど、球速は素晴らしいものがありました。しかし、やや安定感に掛ける部分もあり、防御率は少し悪くなっています。

そして、抑えの増田選手はシーズン序盤から安定していました。乱調を見せる抑え選手がほとんどであるなか、最も安定していた選手とも言えるでしょう。

ただ、増田選手はFA権を取得したため、移籍の可能性もあります。この部分は要注目ですね。

終わりに

今回は、2020年シーズンの西武ライオンズを振り返ってみました。

3連覇を達成することはできないシーズンでしたが、中継ぎ陣の成長は来年につながるでしょう。

再び覇権奪回をするシーズンに2021年はしてもらいたいですね。