12球団2020シーズン振り返り オリックス・バファローズ編

12球団2020シーズン振り返り オリックス・バファローズ編

残り本当にわずかとなった、2020年シーズンのプロ野球。選手の皆さんは本当に大変なシーズンだったと思います。

改めて敬意を称したいですね。

前回から今シーズンを振り返るシリーズをお送りしています。今回は、オリックス・バファローズ編です。

混戦模様のパリーグにあって、オリックスのみダントツの最下位となってしまいました。

20年以上にわたって優勝がないオリックス。今シーズンこそは!と期待を持った方もいたはずですが、なんとも残念なシーズンとなってしまいました。

それでは振り返ってみましょう。

序盤から大苦戦

オリックスはシーズン序盤から大苦戦を強いられました。

ロッテには「6タテ」を喰らうなど、なかなか勝利を得ることができないシーズンとなっていました。

それもそのはず、素晴らしい成績を残しているのは吉田正尚選手のみです。

安達選手や伏見選手も一定の成績は残していますが、他の選手が全くついていくことができていません。

ジョーンズ選手も鳴り物入りで入団しましたが、すでに全盛期は過ぎていると言っても過言ではありません。

守備の面でも不安要素が大きく、ここ数日は試合に出ないことも増えてきました。

来年もオリックスに残るのかどうかわかりませんが、とにかく打撃陣をどうにかしなければ、強くなることはないでしょう。

山本選手の次は?

投手陣は決して悪くありません。

特に、もはや日本を代表する選手の山本由伸選手は、流石の成績を残しています。

しかし、打線とうまく噛み合わないのか、勝ち星が伸びていないことは残念ですね。

そして、オリックスが強くなるためには、山本選手の次に活躍する選手が必要です。

今シーズンは田嶋選手が一定の活躍を見せましたが、まだ不安定なところもありますね。

そして、3番手以降の選手が現れないところがオリックスの苦しい部分です。

山本選手・田嶋選手で勝てない分を他の選手でカバーできないため、結果的に大きな連敗をしてしまいます。

とにかくチーム全体の底上げを図らなければ、今後も苦しいシーズンが続くでしょう。

終わりに

今回は、オリックス・バファローズの2020年シーズンを振り返ってみました。

シーズン中に監督が代わる事態まで発生したオリックス。監督を変えたところで、選手が育てなければ意味はありません。

中嶋監督代行になってから勝率は上がりました。また、若い選手を積極的に使っている部分も見られます。

来年以降どのような戦いが見られるのか、2021年シーズンに注目しましょう。