名選手のこれまでを振り返る 〜ダルビッシュ有〜 Part2

名選手のこれまでを振り返る 〜ダルビッシュ有〜 Part2

このブログでは、現在も活躍している選手の野球人生を振り返る内容を執筆しています。

前回はダルビッシュ選手を取り上げましたが、今回はその続きとなります。

日本で驚異的な成績を残したダルビッシュ選手は、2012年にメジャーリーグに挑戦しました。

大きな期待を背負って海を渡ったダルビッシュ選手、メジャーリーグでも大活躍を見せました。

1年目から大活躍!

ダルビッシュ選手は、レンジャーズの一員として1年目から大活躍しました。

メジャー初戦こそ打ち込まれることがあったものの、その後はまずますの投球を見せた結果、オールスターゲームにも選ばれました。

残念ながら登板する機会はなかったものの、日本人投手がメジャーのオールスターに選ばれることはなかなかないことだったのです。

結果的にこのシーズンは16勝を記録。さらに奪三振も221を記録するなど、流石の実力を見せつけました。

怪我の連続

2、3年目も一定の成績を残したダルビッシュ選手でしたが、2015年にトミー・ジョン手術を受けることとなり、満足な投球ができていない状態が続きました。

特に、2017年のドジャース時代は、良くも悪くも印象に残っているファンが多いでしょう。

ドジャースはこの年ワールドシリーズに進出したものの、3勝4敗で敗退。そのうちの2敗をダルビッシュ選手が記録してしまったのです。

また、どちらの試合もすぐに降板してしまったため、ファンから猛烈なブーイングを浴びてしまいました。

Twitterも大荒れの状態となり、ダルビッシュ選手はもう厳しいのかと思ったファンの方も少なくありませんでした。

見事な大復活!

その後、2018年からはカブスに移籍。1年目は満足に投げることができませんでしたが、2年目の後半からは投球内容がよくなり、今年の活躍が期待されていました。

そして今シーズン、新型コロナの影響を受けて開幕が大幅に遅れたものの、ダルビッシュ選手は大活躍!

12試合で8勝をマークし、防御率は2.01。惜しくも1点台には届きませんでしたが、この大活躍にはメジャーリーグファンも驚きを隠せないようでしたね。

今シーズンは難しいシーズンであったにもかかわらずこの成績のため、来年はどのような成績を残してくれるのか、さらに期待が高まります!

終わりに

今回は、ダルビッシュ選手の野球人生を振り返ってみました。

日本球界のエースとして、そして海外でも活躍するダルビッシュ選手の姿は、本当にかっこいいですね。

来シーズン以降も期待しましょう!