山田哲人選手が残留!来シーズンこそ復活なるか?

山田哲人選手が残留!来シーズンこそ復活なるか?

日本シリーズも終わり、プロ野球は完全に終了しました。

さまざまなことがあった今シーズンでしたが、無事に最後まで終われたことは本当によかったです。

一方、FAを巡る動きは少しずつ本格化し始めましたね。中でも、山田哲人選手の残留には、多くのヤクルトファンが安堵したことでしょう。

そこで今回は、山田哲人選手のこれまでを振り返ってみたいと思います。今シーズンは不調に終わってしまった山田選手、来シーズンは復活となるのでしょうか?

トリプルスリー男

山田哲人選手といえば、トリプルスリー男と言い換えることができます。

トリプルスリーとは、打率3割・本塁打30本・30盗塁を記録した場合に称されるものです。

確実性・パワー・俊敏性の全てが求められるため、達成することは簡単ではありません。

しかし、山田選手は2015年・2016年・2018年の3年でトリプルスリーを達成。まさに異次元の選手と言えるでしょう。

そんな山田選手の残留が決まったことは、チームにとって間違いなくプラスになりました。

不振脱却なるか?

しかし、今シーズンは思ったような成績を残すことができず、打率は.250台、本塁打はわずか12本、盗塁も8個に終わってしまいました。

実は、2017年にも一度不振に陥った年がありました。この年は本塁打こそ一定の数を放ったものの、打率はなんと.247。信じられない数字となったのです。

この原因は、間違いなくデッドボールの影響があったと考えられます。前年度からデッドボールの数はありましたが、2017年は体に近い部分のデッドボールが多くありました。

結果、成績を残すことができず、3年連続トリプルスリーを逃してしまったのです。

今シーズンも、成績は大きく落としてしまいました。来年は復活するのでしょうか?

残留こそが最大の補強

ヤクルトは投手陣の状態が難しいと言われていますが、野手陣も決して万全ではありません。

そのため、山田選手の動向が気になっていたヤクルトファンは数多くいました。

山田選手の残留が決まったことには、多くのファンが喜んでいるようです。

ミスタースワローズとして、チームを再び優勝に導いてほしいと思います。

終わりに

今回は、「山田哲人選手が残留!来シーズンこそ復活なるか?」と題してお送りしました。

今シーズンは断トツで最下位に終わってしまったヤクルトスワローズ。投手陣の補強はもちろん必要ですが、野手陣のレベルアップも欠かせません。

山田選手を筆頭に強いスワローズを作ってほしいです!