吉川光夫選手が西武ライオンズへ!復活なるか?

吉川光夫選手が西武ライオンズへ!復活なるか?

いよいよ日本シリーズが開幕しましたが、他球団はすでに来季を見据えて補強を行っています。

そんな中、西武ライオンズは吉川光夫選手を金銭トレードで獲得しました。

吉川選手は一度日ハムへ帰ってきましたが、再び他球団へ移籍することとなりました。

なかなか復活を果たせない吉川選手、今後復活の見込みはあるのでしょうか?

そこで今回は、「吉川光夫選手が西武ライオンズへ!復活なるか?」と題してお送りします。

日ハムのエースとして

吉川選手は、広島県にある名門校の広陵高校出身です。広陵高校は多数のプロ野球選手を輩出しており、甲子園にも何度も出場した経験がある高校です。

そんなチームにおいて、吉川選手はエースとして大活躍しました。2年生の段階でエースナンバーを託されるほど、素材は素晴らしいものがあったということですね。

しかし、甲子園に出場することはできず、2006年のドラフトで日本ハムから指名を受けました。

1年目は、いきなり19試合に登板することとなり、チームからも大きな期待を背負っていた吉川選手。ところが、その後は全く活躍できない年が続いたのです。

しかし、2012年の吉川選手は圧巻でした。25試合に登板して15勝。さらに防御率は驚異の1.71を記録。

もともと制球難のある選手ではあり、今シーズンも四球は多かったものの、ピンチの場面でギアを上げたピッチングが特徴的でしたね。

日本ハムのエースとして、誰もが今後も活躍し続けると考えていました。

不振の連続

ところが、翌年は7勝15敗という記録に終わってしまうと、2015年こそ11勝をマークしますが、全体的に不本意な成績が続きました。

なかなか輝きを取り戻せないでいた吉川選手は、トレードによって2017年から巨人へ移籍します。

復活の道を探ったものの、日本ハム時代とは程遠いピッチングが続きました。

その後、再び日本ハムに戻った吉川選手ですが、そこでも思うような投球はできませんでした。

今度こそ復活なるか

そして今シーズンオフ、吉川選手は埼玉西武ライオンズに移籍することとなったのです。

西武ライオンズは、今シーズンこそ中継ぎ陣が大活躍を果たしましたが、先発投手は依然として苦しい状態が続いています。

先発or中継ぎなのかはまだわかりませんが、再び輝く吉川選手の姿がみたいですね。

終わりに

今回は、吉川選手に関する内容をお送りしました。

いまだに2012年の活躍が忘れられない人は多くいます。あの時のような大活躍ができれば、西部にとって大きな戦力となるでしょう。