山本由伸選手が目指す先は?ナンバーワン投手のこれまで

山本由伸選手が目指す先は?ナンバーワン投手のこれまで

今シーズン、オリックスはなかなか調子が上がらず、リーグ最下位に沈んでしまいました。

ただ、そんな状態の中でもしっかりと成績を残した選手がいます。エースの山本由伸選手です。

もはや日本のエースとも言える山本選手。まだ若いこともあり、今後の大活躍が期待されています。

そこで今回は、「山本由伸選手が目指す先は?ナンバーワン投手のこれまで」と題して、山本選手のこれまでを振り返ってみます。

今後、山本選手はどのような野球人生を歩むのでしょうか?

突如現れた若武者

山本選手は、まだ22歳という若さながら、球界のエースとして活躍している選手です。

高校は宮崎県にある都城高校に進学した山本選手は、高校生の段階で150km/hを記録するなど、当時から注目を集めていました。

宮崎県で実施された新人の野球大会では、なんとノーヒットノーランを達成するのです。

参考記録ながらも完全試合を達成したこともあり、プロから注目されていたようですね。

ただ、高校生ということや甲子園での活躍経験がなかったこともあり、最終的にはオリックスが4位で指名をしました。

2軍で異次元の成績

高卒ルーキーという立場で入団した山本選手でしたが、1年目から2軍で異次元の成績を残します。

8試合に登板して防御率が0.27。中継ぎ投手であればまだしも、先発投手でこの成績を残したことは、本当に素晴らしいことと言えるでしょう。

しかし、そんな山本選手も1軍では打たれてしまい、不本意なシーズンとなりました。

ところが、2年目は中継ぎとして1軍に定着し、いきなり54試合の登板を果たします。

シーズン終盤は打たれてしまうケースが目立ちましたが、振り返れば防御率は2.89を記録し、飛躍の1年となりました。

そして、2019年は8勝ながらも防御率が1.95を記録。瞬く間にチームのエースとなったのです。

いずれはメジャーを目指すのか?

今後、山本選手はメジャーリーグを目指すこととなるのでしょうか?

まだ海外FA権の取得には時間がかかりますし、なんとも言えない部分ではあるでしょうが、挑戦する可能性は十分にあると言えるでしょう。

ストレートの平均球速が150km/hを超えており、奪三振能力にも非常に長けている山本選手。

いつか、海外でその姿を見たいと思ってしまうほど、素晴らしい選手です。

終わりに

今回は、山本由伸選手に関する内容を記載しました。

なかなか勝ち星には恵まれない山本選手ですが、すでに投球はエースそのもの。今後の活躍に期待しましょう。