山本泰寛選手が阪神へ!珍しい巨人阪神のトレード

山本泰寛選手が阪神へ!珍しい巨人阪神のトレード

シーズンが終了したばかりではありますが、珍しい阪神と巨人でのトレードが発表されました。

巨人に在籍していた山本泰寛選手が、金銭トレードで阪神に移籍することとなったのです。

阪神といえば、とにかく失策数が多いチーム。昨年同様、今シーズンもリーグ最多の失策数を記録してしまいました。

山本選手の補強は、失策数の多い状況をなんとかしたい気持ちの表れのように感じます。

そこで今回は、「山本泰寛選手が阪神へ!珍しい巨人阪神のトレード」と題して、山本選手のこれまでを振り返ってみましょう。

慶應ボーイ

山本選手は、慶応義塾高校から慶應大学に進学した、まさに慶應ボーイと呼ばれる選手です。

もともとは投手として野球を始めていたようですが、高校に入学すると内野手に転校します。

神奈川県といえば、東海大相模高校や横浜高校など、甲子園の出場経験が豊富な高校がたくさんあります。山本選手は甲子園を目指したものの、出場することはできませんでした。

その後、慶應大学に進学した山本選手は、レギュラーとして活躍を果たします。最終年にはベストナインに選ばれるなど、持っている素質を十分に発揮しました。

巨人に入団

大学を卒業した後は、読売ジャイアンツに指名されて入団しました。

読売ジャイアンツは、セカンドが何年間も固定されていない状態でした。内野の複数ポジションを守れる山本選手には、大きな期待が寄せられていたのです。

1年目は80打席程という少ないチャンスではありましたが、打率.256を記録。最低限の成績は残しました。

ただ、2年目は出場機会を減らしてしまいます。3年目は1年目と同じような成績でした。

そして4年目の2019年シーズン。出場試合数は最多の92試合となったものの、打率は思ったような結果が残せませんでした。

さらに、日本シリーズでは地名的なエラーを連発。山本選手だけの責任では決してないものの、手痛いミスを連発してしまい、印象が悪くなってしまったファンも少なくありませんでした。

阪神に移籍

そんな山本選手ですが、阪神タイガースに金銭トレードで移籍することが判明しました。

阪神はとにかくエラーが多く、守備力の改善が急務です。どのポジションも守れる山本選手は、阪神で活躍することができるのでしょうか?

活躍に期待したいですね。

終わりに

今回は、山本選手に関する内容をお届けしました。

珍しい阪神と巨人のトレードとなった今回。山本選手が阪神の一員として活躍し、巨人に恩返しする姿がみたいですね!