クライマックスシリーズは本当に必要か?今シーズンの振り返りから見える必要論と不要論

クライマックスシリーズは本当に必要か?今シーズンの振り返りから見える必要論と不要論

今シーズンのプロ野球は、とにかく全てが異例のシーズンでした。

その代表例が、セリーグのクライマックスシリーズ中止です。

もともとはパリーグが導入していたプレーオフを、セリーグも後を追う形で導入しました。

そんなクライマックスシリーズですが、セリーグのみ中止する形で今シーズンは行われましたね。

「不要論」も根強くあるCSは、本当に不要なのでしょうか?

今回は、毎回さまざまな議論を引き起こすクライマックスシリーズに関して記載します。

不要論は根強い

約15年前から始まったクライマックスシリーズは、完全に日本に定着した雰囲気があります。

しかし、必要だと訴える人が多数いる一方で、不要ではないかという人もたくさんいます。

その大きな理由は、50%の確率で進出できてしまうということです。

メジャーリーグでは随分前からプレーオフが導入されていますが、基本的に各リーグ(厳密には地区)の1位が出場します。

3位のチームが出場することはできないのです。

しかし、日本では3位のチームでも出場できてしまうので、稀に勝率5割以下のチームが出場することもあります。

流石にレベルが低くなるのでは?との意見から、反対の声が多く聞かれます。

賛成派の意見とは

一方で、クライマックスシリーズが必要と訴える人も多くいます。

その理由は、最後までシーズンを楽しめるからです。

1位だけが日本シリーズに進出できる状態の場合、2位はまだしも3位〜6位のチームは、首位から大きく離されていることがほとんどです。

そのため、シーズン終盤は消化不良のような形になってしまい、楽しみがなくなってしまうこともあります。

一方、クライマックスシリーズが始まったことにより、終盤の3位争いが注目されるようになりました。

やはり最後まで盛り上がれるほうが、ファンとしては嬉しいですよね。

このような観点から、賛成派の人も多数います。

巨人の場合はどうだった?

今シーズンの巨人は、終盤に調子を落としたものの比較的早く優勝を決めました。

そのため、優勝してから日本シリーズまでに期間が空いてしまいましたね。

これだけが負けの原因にはなりませんが、空いた期間の調整が難しかったことは確かでしょう。

選手はもう慣れてしまっているので、クライマックスシリーズありのほうがいいのでしょうね。

終わりに

今回は、「クライマックスシリーズは本当に必要か?今シーズンの振り返りから見える必要論と不要論」と題してお送りしました。

おそらくクライマックスシリーズがなくなることは考えにくいので、今後もありきで野球を楽しみましょう!