柳田悠岐選手が年俸6億円!最強野手へまっしぐら

柳田悠岐選手が年俸6億円!最強野手へまっしぐら

ソフトバンクの柳田選手が契約更改を行い、なんと年俸6億円を超える形となりました。

1年間で6億円を稼ぐというのは、とんでもない人物ですよね。普通の会社員ではありえない金額です。

怪我に悩まされることもあった柳田選手ですが、今シーズンは見事に復活した印象がありました。

今後もソフトバンクを支える野手として、そして日本を代表する野手として、活躍し続けることでしょう。

今回は、柳田選手の特徴や、これまでの経歴などを紹介します。

広島ファン

柳田選手は、広島県出身のプロ野球選手です。

本人も広島東洋カープのファンであることを認めており、FAの際は移籍するのでは?とも言われていました。

しかし、結果的にソフトバンクに残留を表明。契約はなんと7年契約。

ここまでの長期契約は極めて異例のことですので、いかに球団が期待しているかわかるでしょう。

トリプルスリーを達成

柳田選手は、達成者が非常に少ないトリプルスリー(打率3割・30本塁打・30盗塁)を記録した選手です。

試合に出始めた初期のころは、スイングが大きすぎると言われることも多くありました。

そのため、一発の魅力は持っていながらも、確実性に欠けてしまうことが多かったのです

しかし、2015年にいきなりブレイクを果たすと、打率は.363という驚異的な記録を残りました。

横浜スタジアムではバックスクリーンの電光掲示板に当てたHRもあり、大きなニュースとなりましたね。

怪我も多かった

そんな柳田選手ですが、実際は怪我に悩まされることもありました。

フルシーズン試合に出られないことが多く、特にシーズン終盤に怪我をすることが多くありましたね。

昨シーズンも満足な成績は残せませんでしたが、それも怪我による影響がありました。

今シーズンは怪我もなくシーズンを完走できたので、トリプルスリーに近いような成績を残すこととなりました。

怪我さえなければ、文句なしに4番を務められる選手となるでしょう。

年俸が6億円

そんな柳田選手は、ついに年俸が6億円を突破しました。

これは松井秀喜選手に並ぶ野手の最高金額ということです。

松井秀喜選手も、強打の外野手として大活躍しましたので、どこか似ているものを感じますね。

松井選手のような大活躍を今後も見せてほしいです。

終わりに

今回は、「柳田悠岐選手が年俸6億円!最強野手へまっしぐら」と題してお送りしました。

近年の野手の中では、最強選手とも言われている柳田選手。

来年はさらなる活躍を見せてくれるかもしれません。期待しましょう!