斎藤佑樹選手は復活できる?険しい復活への道

斎藤佑樹選手は復活できる?険しい復活への道

ついに32歳を迎えた斎藤佑樹選手ですが、右肘の靭帯を損傷していることが明らかになりました。

高校時代の活躍を知っている人からすれば、現在の姿は非常に寂しく映ります。

そんな中、さらに怪我をしていたことが発覚したので、復活することも簡単ではなさそうです。

斎藤選手は、どの段階で選手生命が変わってしまったのでしょうか?

そこで今回は、斎藤佑樹選手に関するこれまでの経歴や、今後復活はできるのかどうかなども記載します。

ハンカチ王子としての活躍

斎藤選手が一躍注目を浴びるようになったのは、2006年の高校野球です。

この年は中田翔選手や田中将大選手など、現在も活躍するスター選手が甲子園で活躍した年でした。

そんな特別な年の中、もっとも輝いていたのは斎藤選手でした。

絶対的なエースとして、1回戦から全ての試合に先発として登板。

信じられないほどのスタミナを併せ持ち、9回になっても145km/hを記録するなど、高校生離れした活躍を見せるのです。

また、試合中にハンカチで顔を拭う姿が報道され、「ハンカチ王子」という愛称が付けられました。

結果、斎藤選手が所属する早稲田実業高校は、初めて高校野球で優勝を果たしました。

早稲田大学に進学するも

その後、決勝戦で戦った田中将大選手は、プロ野球の道へ進みます。

一方、斎藤選手は大学に進学することを決め、早稲田大学に進学しました。

高校時代の実績を引っさげて、1年生の段階からエースとして活躍をし、さすがという部分を見せるのです。

ところが、大学3年になると怪我が増えてしまい、なかなか思ったような投球ができない日々が続きました。

おそらく、高校生の段階で投げすぎた影響が、2〜3年後になって表れたと言えるでしょう。

復活はできる?

ドラフトで北海道日本ハムファイターズに指名され、1年目こそ一定の成績を残した斎藤選手。

しかし、1年目のオフに怪我をしていたことが発覚し、そこから不調になってしまいました。

そこから復活することもなかなかできず、ついに32歳を迎えてしまいましたね。

特別扱いされているのではないかという声も、徐々に大きくなっています。

果たして、怪我を治して来年は活躍することができるのでしょうか?

終わりに

今回は、「斎藤佑樹選手は復活できる?険しい復活への道」と題してお送りしました。

球界のエースになる存在として期待されながら、とてもそのような活躍はできていません。

なんとか意地を見せてもらって、活躍する姿が見たいですね!