2021年を勝手に占う|東京ヤクルトスワローズはどう?

2021年を勝手に占う|東京ヤクルトスワローズはどう?

コロナが蔓延するなか、2021年シーズンが通常通り開催されるか微妙な情勢ではありますが、各チームは少しずつ準備を進めています。

2020年は特別シーズンとなり、各球団苦労した部分も多かったはずです。

2021年もそのような状態になる可能性はありますが、なんとか無事に開催されてほしいですね。

今回は、各球団のそれぞれを勝手に占っていきます。

昨年は最下位に終わってしまったヤクルトスワローズは、来年どうなるでしょうか。

FA組は揃って残留

ヤクルトにとって何より大きかったのは、FA権をもつ選手が揃って残留したことです。

山田選手は移籍するのではないかと言われていましたが、結果的には大型契約を結び残留。

抑えを務めていた石山選手も残留し、FA権を行使した小川選手も残留しました。

もしこの選手たちが移籍していたら、本当に大変なことになっていたでしょう。

残留が最大の補強と言われることもあるので、この部分は大きいですね。

内川選手は活躍できる?

また、目玉選手として注目されているのが、内川選手です。

2軍では打率3割以上を記録しながらも、ソフトバンクの選手層も相まって、退団となった内川選手。

そんな内川選手は、久しぶりにセリーグに復帰することとなりました。

ファーストは坂口選手などが務めているものの、1年間を通して出ることはあまり期待できません。

また、他の選手もあまり育っていないので、内川選手が出るチャンスは十分にあるでしょう。

加えて、内川選手が加入することで他の選手にいい影響を与えることも期待できます。

チーム力の底上げという面でも、内川選手の加入は心強いでしょう。

外国人選手が鍵

残りは、外国人選手の活躍が鍵となりそうです。

来年から、サンタナ選手(外野手)とスニード選手(投手)の加入が決まりました。

サンタナ選手は、メジャー通算77本塁打という実績がある選手です。

昨年はなかなか一発を打てる選手がおらず、村上選手に頼るしかありませんでした。

長打力不足を解決する選手となれるでしょうか。

また、スニード選手はアストロズに在籍していた選手です。

先発としれ考えられていたようですが、ヤクルトではどのポジションを任せられるのでしょうか。

この2人の活躍次第で、ヤクルトの順位が大きく変動しそうです。

終わりに

今回は、「2021年を勝手に占う|東京ヤクルトスワローズはどう?」と題してお送りしました。

2年連続最下位の東京ヤクルトスワローズ。なんとしても、来年は優勝を目指したいところですね!