記者投票の不透明さ|本当に記者は野球を見ているのか?

記者投票の不透明さ|本当に記者は野球を見ているのか?

このシーズンになると、毎年野球記者による投票で、ベストナインやゴールデングラブが決定されます。

しかし、この記者投票は無記名で行われることもあり、不透明さが高い状態です。

また、一部不可解な投票も行われるなど、そのあり方に疑問の声が高まっています。

この仕組みは、そろそろ変えるべきではないのでしょうか?今回の投票を見て、私はそう思いました。

今回は、記者がベストナインやゴールデングラブを決めることに関して、私の考えを記載します。

謎の表が毎年入っている

ベストナインやゴールデングラブは記者投票で決められており、名誉あるタイトルとして知られているものです。

しかし、この投票を巡っては毎年のように議論が巻き起こっていることも事実です。

例えば、明らかに守備がうまくない人にゴールデン・グラブの表が入っていたり、戦力外通告を受けた選手に表が入っていることなどもありました。

記者の方はどの範囲まで野球を見なければならないのか、私にはそこまでわかりません。

おそらく、1人で2〜3球団を見なければならない場合は、非常に多忙な状態だと考えています。

しかし、戦力外の選手に投票することは、あってはならないことではないでしょうか?

毎年の風物詩状態

毎年この時期になると、同じような内容の記事が出回ったりしているのを見ます。

しかし、それ本来がそもそも好ましい状態ではありません。

日本のプロ野球のタイトルホルダーを決めるわけなので、もっとしっかりとした観点から評価をしてほしいと考えてしまうのです。

投票の資格がある人は、基本的に野球の取材に何年も携わっている人しか投票ができないとされています。

ただ、本当に何年も携わっているのか?という疑問は、多くの人が持っていることでしょう。

選手の評価の方が適切?

番組名は出せませんが、ある番組で選手が選手を評価するコーナーがあり、毎年のように話題を集めています。

もちろん、贔屓目に見てしまう部分はあるのかもしれませんが、多くの選手は他球団の選手のことを紹介して、何が凄かったのかを明確に話していますね。

もちろん、記者は野球選手ではないので、選手の球を受けたり売ったりすることはできません。

しかし、一般の人よりは近い環境で見ているので、その長所を活かして選手の評価と遜色ない内容で、投票をしてほしいなと思いました。

終わりに

今回は、「記者投票の不透明さ|本当に記者は野球を見ているのか?」と題してお送りしました。

今年の年末は、不要な議論が沸き起こらないことを期待したいですね