森下選手が大幅な年俸増!素晴らしいルーキーの活躍

森下選手が大幅な年俸増!素晴らしいルーキーの活躍

各球団、続々と契約更改が進む中、広島の森下選手は大幅な年俸アップを勝ち取りました。

苦しい広島の投手陣の中で、孤軍奮闘の活躍を見せた森下選手。

大学を卒業してルーキーの年だったにもかかわらず、すでにエースのような雰囲気を見せています。

これまでも広島には多くの伝説の投手が存在しましたが、森下選手もそのような存在になっていくのではないでしょうか。

今回は、これまでの森下選手の経歴や今シーズンの活躍ぶり、またこれまでの大投手との成績比較も行います。

苦しむチームのエースとして

森下選手は、明治大学出身のプロ野球選手です。

明治大学在籍時はエースとして活躍し、数多くの球団からドラフト1位指名をされるのでは?との声も多くありました。

しかし、結果的には広島東洋カープのみが1位として指名し、背番号18を背負って広島に入団したのです。

昨年の広島は1年間を通して非常に苦しく、エースと呼ばれるピッチャーが不在の状態でした。

そんな中、森下選手は開幕当初から大活躍し、すでに広島に欠かせない選手となっているのです。

結果、昨シーズンは10勝3敗という素晴らしい成績を残し、見事新人王を獲得しました。

佐々岡元選手との比較

これからの森下選手には、佐々岡選手や黒田選手のようなエースとしての活躍が期待されます。

そこで、佐々岡元選手のルーキーイヤーの成績を調べてみました。

すると、佐々岡選手は13勝11敗、防御率は3.15という成績となっていました。

しかし、2年目は17勝をマークする活躍ぶりを見せ、最多勝利と最優秀防御率のタイトルを獲得するのです。

また、沢村賞などを獲得したこのシーズンで、佐々岡選手は一気に1流の仲間入りを果たしました。

怪我だけが心配

これからの森下選手の野球人生を考えるなかで、もっとも心配なことは怪我の有無でしょう。

昨年、新人年とはいえ投球回は122を記録した森下選手。

まだこの年齢で疲労が極端に溜まっているとは思えませんが、これが数年続くとどうなってしまうのか、心配なところではあります。

特に、広島は戦力を立て直さなければ、森下選手に依存してしまう可能性もあるでしょう。

まずは怪我にだけ気をつけていただいて、広島のエースとして今後も活躍してほしいです。

終わりに

今回は、「森下選手が大幅な年俸増!素晴らしいルーキーの活躍」と題してお送りしました。

プロ初登板の段階で、7回無失点という素晴らしい成績を残した森下選手。

これからどんな選手になってくれるのか、期待しましょう!