由規選手がBC埼玉に入団!独立リーグで再起を図る!

由規選手がBC埼玉に入団!独立リーグで再起を図る!

嬉しいニュースが入ってきました。

これまで東京ヤクルト、楽天などで活躍をしてきた由規選手ですが、この度BC埼玉に入団することが決まりました。

おそらく、由規選手本人はプロで活躍したい気持ちがあったと推測されますが、何はともあれ現役続行が決まったことは嬉しいですね。

独立リーグからプロに入団する選手も増えているので、そういったこともあるかもしれません。

そこで今回は、BC埼玉とはそもそもどういったチームなのか、また由規選手のこれまでも解説します。

BC埼玉とは

BC埼玉は、埼玉県を拠点とする独立リーグのチームです。

2013年から活動を開始すると、過去にはプロで活躍した選手がコーチとして活躍したり、現役として活躍したりすることが多くありました。

熊谷市にあるさくら運動公園野球場を本拠地としていますが、本拠地を設定することは稀であるため、力を入れて取り組んでいることがわかります。

2015年から本格的な活動をしているものの、これまでにリーグで優勝を果たしたことはありません。

打率、防御率ともに突出した状態ではなく、まだまだ課題が多いチームとなっています。

由規選手とは

由規選手は、宮城県出身のプロ野球選手です。

高校時代には150km/hを超える直球を連発したこともあり、高校野球ファンから大きな注目を浴びていました。

その注目度合いもあり、高卒の段階で東京ヤクルトスワローズに入団。

ストレートは素晴らしいものがあったものの、変化球はまだ精度に欠けることが多く、なかなか活躍ができませんでした。

その後、一時は活躍を見える時期があったものの、怪我に悩まされてしまいます。

パワーピッチャーは怪我をしやすいこともあるので、由規選手も同様だったということですね。

その後、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍するも、あまり試合には登板できず戦力外通告となりました。

かかる期待は大きい

由規選手には、非常に大きな期待が寄せられているでしょう。

過去には、阪神タイガースで活躍した歳内選手が独立リーグに入団し、無双状態で活躍していた実績があります。

その歳内選手はヤクルトスワローズに入団し、チームに欠かせない選手として存在しています。

由規選手もまた、歳内選手のようにプロに戻ることがあるかもしれませんね。

終わりに

今回は、「由規選手がBC埼玉に入団!独立リーグで再起を図る!」と題してお送りしました。

独立リーグが盛り上がるためにも、レベルアップは欠かせません。

由規選手には、独立リーグで精一杯活躍してほしいですね!