2年目の飛躍はなるか?楽天を担う瀧中選手

2年目の飛躍はなるか?楽天を担う瀧中選手

田中選手がメジャーリーグから復帰することとなり、大きな注目を集めました。

豪華な先発陣が注目されている楽天ですが、一方で若手の選手が活躍しなければ、優勝することはできないでしょう。

その中で期待されているのが、2年目を迎える瀧中選手です。

昨年はルーキーイヤーながらシーズン終盤で試合に出場し、プロ初勝利を挙げる活躍も果たしました。

果たして、2年目の今季はどのような活躍をしてくれるのでしょうか?

今回は、そんな瀧中選手の経歴などを解説します。

オールドルーキー

瀧中選手は、昨年から東北楽天ゴールデンイーグルスに入団したプロ野球選手です。

小学生の段階から野球を始めたものの、エース級という活躍は果たせなかったようです。

その後、龍谷大学に進学した瀧中選手は、学年が上がるにつれて存在感を発揮します。

関西六大学リーグでは白星を重ね、さらに150km/hをマークすることも増えるなど、着実に結果を残していきました。

しかし、そのときはプロ志望届を出すことはせず、社会人のHonda鈴鹿に入社。

一度はドラフト漏れを経験したものの、昨年のドラフトで見事指名をされました。

絶対的な球威はない

瀧中選手の特徴は、投球術にあります。

ストレートに絶対的な速さはないものの、のらりくらりという投球術でピンチを脱出場面が多くありました。

変化球の種類は様々あるようですが、どちらかというとコントロールを重視しているようです。

楽天には速球派の選手が多いこともあり、瀧中選手の存在は少し異色を放っていると言えるでしょう。

しかし、野球で活躍する選手の多くは、コントロールの良い選手が活躍するのです。

そんなこともあり、瀧中選手にかかる期待は大きいと言えるでしょう。

生え抜きの育成が大事

特に、東北楽天は生え抜き選手の育成が重要となっています。

岸選手や涌井選手はもともと他球団で活躍した選手であり、数多くいる生え抜き選手は、活躍できていないことも多い状態です。

特に、将来のエース候補として期待されている藤平選手は、ここ最近で勝利をあげられていません。

このままでは生え抜き選手が全く活躍できない状態となってしまうので、なんとしても活躍をして欲しいですね。

終わりに

今回は、「2年目の飛躍はなるか?楽天を担う瀧中選手」と題してお送りしました。

指名漏れも経験した選手なので、なおさら頑張って欲しいという気持ちが湧きますね。

先発ローテーションは非常に厳しい戦いとなっていますが、なんとか枠をつかみ取って欲しいです!