山口俊選手の今後は?日本復帰はある?

山口俊選手の今後は?日本復帰はある?

野球のキャンプは続々と進んでいますが、メジャーリーグでプレイをしている山口俊選手が、ブルージェイズを戦力外になったことがわかりました。

満を持してメジャーリーグに挑戦した山口選手でしたが、わずか1年で戦力外になってしまったことは、いかにメジャーリーグのレベルが高いのかを思い知らされますね。

今後のことはまだはっきりわかっていませんが、もしかしたら日本に復帰する可能性もあるでしょう。

今回は、山口選手の経歴や、なぜ戦力外になったのかなどを解説します。

横浜時代の活躍

山口選手は、2005年のドラフトで横浜ベイスターズから1位で指名を受け、プロとしてのキャリアをスタートさせました。

翌年の2006年にはいきなりプロ初勝利を挙げるなど、滑り出しは順調な状態と言えました。

その後、2009年からは中継ぎ・抑えとして、150km/hを超えるストレートを武器にしてセーブ数を重ねるのです。

オールスラーゲームにも出場するなど、一気に一流選手の仲間入りを果たした形ですね。

その後、抑えとして活躍することも多くあった一方、メンタル面の問題が指摘されたことも多くありました。

しかし、なんとかプロとしてのキャリアを積み、FA権を取得するのです。

巨人へ移籍

その山口選手は、FA権を行使して巨人へ移籍しました。

色々と悩んだ上での決断という報道がありましたが、やはりFAは悩むものなのですね。

結果を残せない時期もありましたが、2019年は15勝を記録するなどキャリアハイの成績を残しました。

その勢いのまあメジャーリーグ挑戦し、ブルージェイズに加入したものの、1年目のシーズンは思うような成績を残せなかったのです。

だからこそ、今シーズンはリベンジの意味もあって奮起していたはずですが…

戦力外

山口選手はつい先日に渡米したばかりですが、渡米した直後に戦力外を言い渡されてしまったようです。

メジャーリーグもコロナの影響は根深く残っており、なかなか経営が難しい球団も多くあります。

少しでもコストカットをしなければならない事情もあるため、山口選手もその対象になってしまったのでしょう。

今後のことはまだわかっていませんが、場合によっては日本球界に復帰することもあるようです。

ご本人が納得できる形を選んでほしいですね。

終わり

今回は、「山口俊選手の今後は?日本復帰はある?」と題してお送りしました。

菅野選手の残留が決まり、先発陣の大きな戦力ダウンを逃れた巨人。

山口選手が復帰すれば、こんなに強力なことはありませんね。