上田剛史選手が引退!これまでの歩みを振り返る

上田剛史選手が引退!これまでの歩みを振り返る

先日、ヤクルトスワローズから戦力外通告を受けた上田選手が、現役を引退することを発表しました。

ヤクルトスワローズに欠かせない人物ではあったものの、最後がこのような終わり方になるとは、少し想定外でしたね。

レギュラーを掴みとれるチャンスもたくさんありましたが、最後まで掴みとることができずに終わってしまいました。

本当にお疲れ様でした。

そこで今回は、「上田剛史選手が引退!これまでの歩みを振り返る」と題して、上田選手の軌跡を振り返ってみましょう。

エリートとしての活躍

上田選手は、岡山県出身の元プロ野球選手です。

小学校の段階で野球を始めると、中学校では全国大会で優勝を経験するなど、抜群の野球センスを持っていました。

高校は、岡山県の名門校である関西高校に入学します。

当時はダース・ローマシュ匠選手がエースとして君臨しており、注目を集めていた高校でしたね。

特に印象深いのは、斎藤佑樹選手が所属していた早稲田実業との試合ですね。

延長15回を終わって再試合となり、その再試合も忘れられない熱戦となりました。

残念ながら1点差で破れてしまいましたが、試合終了後に雪が降った瞬間は、高校野球ファンであれば記憶に残っているでしょう。

上田選手も活躍し、その活躍を通して東京ヤクルトスワローズに入団を果たします。

活躍できない日々

大きな期待を背負って入団した上田選手でしたが、なかなか活躍できない日々が続きます。

特に打撃面は思うような成績が残せない中、守備面にも難があったため、活躍できなかったのです。

ただ、足の速さはさすがという部分があり、2011年は2軍ながら50盗塁以上を記録したこともありました。

そこから代走や守備固めとして試合に出場する機会が増え、試合に出ること自体は増えていったのです。

そこからの活躍が期待されていましたが、そのあとは怪我をしてしまうなど不運もあり、引退となってしまいました。

現在はYouTubeで活動中

そんな上田選手ですが、現在はYouTubeチャンネルを開設しており、定期的に動画を投稿しています。

先日は巨人の坂本選手を直撃した動画もあり、人気があるようです。

最新の動画では、プロで活躍できなかった理由を自己分析されるなど、積極的に更新している様子が見られますね。

終わりに

今回は、「上田剛史選手が引退!これまでの歩みを振り返る」と題してお送りしました。

なかなか活躍が難しいプロ野球の世界で、14年間も現役を続けた上田選手。

これからの活躍に期待しましょう。