チェン選手が阪神移籍へ!貴重な左腕は活躍なるか?

チェン選手が阪神移籍へ!貴重な左腕は活躍なるか?

今シーズン途中からロッテに加入したチェン選手が、阪神タイガースに移籍することが確実となりました。

チェン選手といえば、中日時代に活躍した姿を覚えている人も多いでしょう。

その後はメジャーリーグに移籍していましたが、今シーズン終盤にロッテがチェン選手を獲得しました。

日本球界には一定のブランクがありながらも、最低限の活躍を果たしたチェン選手。来年の活躍にも期待が高まりますね。

今回は、チェン選手のこれまでの活躍を中心に紹介します。

中日のエースとして

チェン選手は、台湾出身のプロ野球選手です。

高校時代から注目を集めていたチェン選手は、台湾の大学に在籍しながら日本のプロ野球チームに所属するという、珍しい経歴で中日に入団しました。

2004年から中日ドラゴンズの一員としてプロの世界に足を踏み入れましたが、最初はあまり活躍できない期間が続きました。

少しずつ片鱗を見せ始めたのは、2009年からです。

この年は打線の援護に恵まれなかったものの、自己最多の8勝を記録します。

しかも、防御率はなんと1.54。この数字は圧倒的なものでした。

統一球時代には防御率が1点代というピッチャーもたくさん登場したものの、その前のタイミングでこの成績はすごいものです。

その後、2011年まで安定したピッチングを続けたチェン選手は、メジャーリーグに活躍の場所を移しました。

メジャーでの活躍

2012年からメジャーリーグに移籍したチェン選手は、1年目から12勝を記録するなど、さすがのピッチングを見せていました。

日本時代ほどの圧倒的な成績ではないものの、メジャーでも十分に活躍した選手と言えるでしょう。

2014年には、なんと16勝を記録します。

メジャーリーグで16勝を記録したのは、日本人選手でもほとんどいない記録のため、大きな注目を集めました。

しかし、2016年にマーリンズに移籍後、少しずつそのピッチングにも陰りが見え始めてしまうのです。

残念ながら2019年限りでメジャーリーグから退く形となりました。

そんなチェン選手は、昨年のシーズン終盤にロッテに入団するのです。

突然の動きにびっくりした野球ファンもたくさんいました。

そして、今シーズンからは阪神タイガースでプレーをすることになったのです。

終わりに

今回は、「チェン選手が阪神移籍へ!貴重な左腕は活躍なるか?」と題してお送りしました。

高橋選手が怪我をしてしまったこともあり、左腕はより求められることとなります。

チェン選手の活躍に期待しましょう!