今後活躍が期待される選手 辰巳涼介編

今後活躍が期待される選手 辰巳涼介編

2020年のプロ野球、レギュラーシーズンが無事に終了しました。

短期間でのシーズンとなった今シーズン、選手の皆さんは本当に難しいシーズンだったと思います。

コロナの状況によってはシーズンが中断される可能性もありましたが、最後まで終わりましたね。本当に嬉しいです。

今回からは、2021年シーズンの活躍が期待される選手を取り上げていきます。今回は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する辰巳涼介選手です。

2年目の今シーズンも、打撃は思うような結果が残せませんでした。選手としての特徴や、今後の展望を解説します。

大学時代の大活躍

辰巳選手は、兵庫県出身のプロ野球選手です。

まさに関西人という選手で、ヒーローインタビューでも笑いを誘うなど、非常に個性的な選手です。

高校は兵庫県の社高校の出身で、1年生の段階でレギュラーを掴むというポテンシャルを持っていました。

しかし、残念ながら甲子園の出場することはなく、大学は京都にある立命館大学へ進学します。

大学生の段階でも1年生からレギュラーを掴み、あっという間に大学の中心選手として大活躍。

関西六大学ではベストナインを4回獲得し、さらに首位打者を獲得するなど、大学野球界のスターとして活躍します。

そして、見事東北楽天ゴールデンイーグルスに入団を果たしました。

守備力は高いものの…

辰巳選手の特徴は、何と言っても高い守備力です。

足が速い選手でもあり、さらに肩の強さも誇っていることから、守備力の高さには定評があります。

これまでの楽天は俊足の選手がたくさんいたものの、強肩の選手はなかなかいなかったことから、貴重な戦力です。

しかし、打撃面ではまだまだ足りない点が多い選手といえるでしょう。

1年目の打率は2割台前半であり、大学時代の実績を知っている選手からすれば、物足りなさを感じてしまいます。

昨年も本塁打を放つことはありましたが、結果的に打率は低迷。

打撃力さえ改善されれば、フルで試合に出場することも期待できる選手です。

終わりに

今回は、「今後活躍が期待される選手 辰巳涼介編」と題して、辰巳選手のこれまでを振り返ってみました。

楽天の外野は、現在のところ島内選手だけがレギュラーと言える状態であり、まだまだレギュラー争いは激しい状態です。

辰巳選手は守備力ではリードしているので、せめて打率2割5分を記録することができれば、間違いなくスタメンで出ることができる選手です。

今年はたくさん活躍する姿が見れるように期待しましょう!