石井GMは本当に悪なのか?楽天ファンでの意見が分かれる理由

石井GMは本当に悪なのか?楽天ファンでの意見が分かれる理由

今シーズン、東北楽天は石井GMが監督を務めることになりました。

石井GMと言えば、さまざまな補強を敢行するなど、チームを強くすることに注力しています。

しかし、楽天ファンの間では意見が分かれており、石井GMに対して嫌悪感を抱く人も少なくありません。

なぜ、石井GMの評価に関して、楽天ファンの意見が分かれてしまうのでしょうか?

今回の記事では、その部分を解説していきます。

ファンの地元意識の強さ

石井GMがあまりよく思われていない理由には、主に東北の楽天ファンが、地元選手を大切にすることが挙げられます。

たしかに、チームがある都道府県やエリア出身の選手が活躍すれば、嬉しいと感じることもあるでしょう。

特に楽天ファンに大きな衝撃を与えたのは、高卒2年目の西巻選手が戦力外になったことです。

西巻選手は仙台育英高校の出身で、高卒1年目の段階から試合に出場。

これからの活躍が期待されていたにもかかわらず、突然の戦力外通告に多くのファンが動揺しました。

育成契約での打診をしたそうですが、結果的に西巻選手はこの打診を拒否し、千葉ロッテマリーンズに移籍したのです。

この1件からも、石井GM兼監督に対する批判が巻き起こりました。

プロは勝つためにやっている

しかし、東北出身ではない私から言わせてもらうと、地元選手とか関係なく勝ちを目指してほしいと思っています。

プロはお客さんからお金をもらって野球をやっていますし、何よりも勝ちを求められるのがプロという立場です。

地元選手の活躍が見たいとか、そんなことは高校野球の範囲までにしてほしいと個人的には考えます。

実際のところ、この部分でファン同士の対立が発生することは多く、価値観が合わないと感じる人も多いでしょう。

戦略的なドラフト

何より、石井GMが補強した選手は、よく活躍している選手がほとんどです。

浅村選手や牧田選手を筆頭に、チームに欠かせない存在として活躍してくれているので、ファンとしては非常にありがたく思います。

また、ドラフトも着実に成果を見せており、ドラ1の小深田選手は素晴らしい活躍を見せてくれました。

地元枠というものもなくしてくれたので、とてもうれしい限りです。

今後は監督としての手腕が問われることになりますが、ぜひ強い楽天を作ってほしいですね。

終わりに

今回は、「石井GMは本当に悪なのか?楽天ファンでの意見が分かれる理由」と題してお送りしました。

私自身は石井GMの方針に大賛成ですし、今後も長く携わってほしいと考えているので、頑張っていただきたいですね!