今後活躍が期待される選手 小深田大翔編

今後活躍が期待される選手 小深田大翔編

東北楽天ゴールデンイーグルスはキャンプを打ち上げ、いよいよ実戦形式が増える形となります。

田中選手が復帰したこともあり、今シーズンの楽天は昨年以上に期待が寄せられていますね。

このブログでは、2021年での活躍が期待される選手を取り上げています。今回は、東北楽天ゴールデンイーグルスの小深田大翔選手です。

1年目の今シーズン、見事と言っていい活躍を見せました。茂木選手が離脱した後をしっかりと埋めた活躍には、多くの楽天ファンが喜んだことでしょう。

選手としての特徴や、今後の展望を解説します。

俊足が持ち味

小深田選手は、兵庫県出身のプロ野球選手です。

中学生の段階からショートを守っていた小深田選手は、兵庫県の強豪校である神戸国際大学付属高校に進学します。

神戸国際大学付属高校は、かつて甲子園に出場した経験のある学校で、兵庫県内でも報徳学園などと同様に名門校として知られています。

残念ながら甲子園に出場することはなく、その後は近畿大学に進学。

近畿大学ではベストナインを何回も受賞するなど、大学の段階で注目を集めていました。

その後、大阪ガスに入社し、社会人野球を続けます。

とにかく俊足が持ち味の一方、巧みなバットコントロールも兼ね備えており、プロからも注目されていました。

楽天入り

小深田選手は、2019年のドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスに指名をうけ、プロ入りを果たしました。

楽天は、ショートは茂木選手がスタメンとして出場していたものの、茂木選手が抜けた後の代わりがなかなかいませんでした。

茂木選手は怪我をしてしまうことも多く、その中で小深田選手は、サブ的な役割を期待されていたのです。

しかし、結果的に1年目から出場試合を重ね、なんと110試合以上に出場しました。

バッティングはどうなのかという評判もありましたが、最終的な打率は.288。

特にシーズン終盤は慣れもあったのか、安定した成績を残すようになりました。

これからの期待

1年目から素晴らしい成績を残した小深田選手には、これからさらに活躍して欲しいと思っています。

打率は3割を超えるように、そして盗塁数がもう少し増えると、よりいやらしいバッターになれるのではないでしょうか。

昨年は盗塁死が多くあったので、この部分はぜひ改善していただきたいですね!

終わりに

今回は、「今後活躍が期待される選手 小深田大翔編」と題してお送りしました。

チームを引っ張る1番バッターとして、今シーズンはさらなる活躍が期待できるでしょう!